クレジットカードを選ぶ時に比較するポイントはどこ?

財布にあると便利なクレジットカード。
クレジットは買い物の支払い時に利用しますがそれ以外に借金機能がついています。
借金機能とは?一例をあげると、急にお金が必要になった時に提携ATMからクレジットカードを使ってお金を下ろす事が出来ます。
ですが、現金を引き出した場合は必ず返さなくてはいけません。
返済する時は利息も一緒に支払う必要があるのでクレジットカードの申し込みは借金利息の低い所を選ぶと良いです。
現金が足りない時財布にクレジットカードがあると便利です。
カードを発行してくれるクレジット会社は沢山ありますのでどこのクレジットカードを作ろうか迷ってしまう方もいらっしゃるでしょう。
例えば、決断しずらい時はクレジットカードを比較してみるのも一つの手です。
カードの判断をするにはネット経由からクレジットカード比較サイトなどが参考になります。
クレジットカードはお金を出さずに清算できるだけでなくそれ以外にも様々なメリットがあります。
流通系のセゾンやイオンなどは毎月「感謝デー」と称してポイント付与率が高くなるなどのサービスがあります。
JCB、AmericanExpressなどのクレジットカードブランドでは日本国内や海外での宿泊施設、レストランや買い物で優待を受けることができます。
発行元が運営する特典としてレクリエーション面では、カラオケやライブハウス、フィッシング、ボウリング、観劇や映画館などの各種レジャー施設の割引価格の利用があります。
又、美容や健康面に力を入れているカードもあり人間ドック、脳ドックなどのサービスを受けられるものもあります。
お金いらずで飲食店や買い物ができるので会計がスムーズになるカードがありますね。
利用した金額によって永久不滅ポイントが貯まったり増額キャンペーンなどのイベントが開催されることもあります。
店員さんに預けてレジに通してもらうだけなので使い方は簡単ですが、他人名義の物は使うことはできません。
支払で使った金額の清算の方法は所定の引き落とし日に契約した銀行口座から自動で下ろされます。
買い物のでの支払い回数の変更はネットや電話で変更する事もできます。
飲み会や打ち上げ会の支払でもクレジットカードを使うとレジで現金を用意する必要がないため手軽に会計を済ませることができます。
利用による手数料で運営会社は利益を得ていますが利用者だけでなく店舗からも徴収されていることは一般ユーザーは知らないと思います。
加盟店が支払う割合は営業内容によって異なり風俗店などの業種が一番高く7%から10%に設定されています。
利用者が支払う場合は支払回数が3回以上の分割払いで指定口座から金利が加算されて引き落とされます。
1回や2回の支払は販売側のメリットが大きいため加盟店だけが請求されますが店側が加盟料の支払を求めてきても応じてはいけません。
クラッシックカードに比べてゴールドはより高い価値が与えられており通常会員が利用できないサービスを受けることができます。
申し込みには勤続年数や年収が数万円以上など、厳しい審査が実施されていましたが近年では、よりハイレベルなカードが作られてきたので、条件はゆるくなってきたようです。
対象となる会員は数多くの特典を受けることができ、その中にはより高額な保険補償額や空港のラウンジサービスの提供などがあります。
会費が不要になるものもありますが、これは一般会員の中から企業側が選出した人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、自らの意思で申し込むことができません。
片や会社側で設定 した金額以上の年間決済で次年度の年会費が無料になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクシティゴールドカードでは年間30万円の決済で適用されます。

プラチナカードは審査厳しい?難易度調査【年収との関係は?】